バイクの手続き

125CCの原付バイクには「ファミリーバイク特約」の加入が便利!

ども。@ダイです。

ついに、新車のモンキー125の納車まであとわずかになってきましたヾ(・∀・)ノ!

既にもうワクワク状態で、この記事を書いている今も「早く乗りたい!」という気持ちが止まりません(笑)

でも一方で、バイクに乗るためにはしっかりとした準備が必要で、それを怠ってしまうと大きなトラブルに発展してしまう場合だってあるんですよね。

そのために、忘れてはいけないのがバイク保険の存在。です。

保険といえば、強制的に加入する自賠責保険がありますが、はっきりいってそれだけでは補償額の面で物足りません。

そこで必要となってくるのが任意保険の存在。

ただ、任意保険は補償を手厚くするので、自賠責保険よりも保険料が高くなります。

そこで、僕のような原付バイクに乗る方にとっておきのスーパーウェポンが用意されているのです。

もしあなたが車の保険、つまり自動車保険に加入していれば50〜125CC原付バイクに限り「ファミリーバイク特約」という最高に便利な特約を付帯させることができます。

今回の記事では、原付バイクの大きな味方となる「ファミリーバイク特約」について解説をしていきましょう!

原付バイクの任意保険は「ファミリーバイク特約」を付帯させる。

自賠責保険と任意保険の違い。

まず、自賠責保険と任意保険の違いが整理されていない方もいると思うので簡単に説明。

  • 自賠責保険→強制で加入しなければならない。
  • 任意保険→ユーザーが任意で加入する。

これが基本。

なかには、自賠責保険に加入していない常識外れのライダーもいますが、意外と自賠責保険は加入しているが任意保険は加入していないといったライダーもいるのです。

ただ、あえて言わせてもらうと、任意保険に加入していないライダーも常識が外れているとも言うことができます。

車や400CC以上のバイクは車検時に自賠責保険を加入しなければ受からない仕組みになっている。

自賠責保険の支払限度額が存在する。

ではなぜ、任意保険加入する必要があるのか、そして自賠責保険だけじゃダメなのか。

それは、自賠責保険の支払額では限度額があるから。

自賠責保険の支払い限度額についてはこちら。

事由 損害の範囲 支払限度額
傷害による損害 治療代・休業損害・慰謝料 120万円
後遺障害による損害 逸失利益、慰謝料等 ①神経系・精神・胸部臓器に著しい障害を残して介護が必要な場合
・常時介護が必要な場合:4,000万円
・随時介護が必要な場合:3,000万
②後遺障害の程度により
3,000万円から〜75万円の範囲で保障
死亡による損害 葬儀費、逸失利益、慰謝料(本人および遺族) 3,000万円

「これだけあれば、補償額としては充分じゃん!」と思うかもしれませんが、こちらが100%悪く相手に対して死亡事故を起こした場合、損害賠償金として3000万円以上請求されることは決して珍しくなく、中には1億円から2億円ぐらいまで請求された事例もあります。

また、なにより自賠責保険の弱点は、人に対してしか補償されないので、バイク事故で損傷させた物(車や建物)などは、1円足りとも補償されないのです。

もし仮にですよ、運転ミスをしてコンビニに突っ込んじゃった場合、任意保険に加入していなければ損害賠償は全てあなたが実費で支払う必要があります。

もちろんガードレールなどを壊しちゃった場合だって、自賠責保険は使えません。

自賠責保険の弱点を補うために、任意保険がある。
そして、原付バイクにはファミリーバイク特約が利用できる。

ファミリーバイク特約は任意保険の代わりになる。

ファミリーバイク特約は、自賠責保険の弱点を補うことができる任意保険の代わりになります。

なぜなら、車の任意保険と同じ役割を果たすからです。

たとえば、自分のマイカーに「対人・対物無制限」で掛けていれば、ファミリーバイク特約を付帯することで全くの同条件になります。

また人身傷害をつけることで自分の怪我を保障することもできます。

しかもファミリーバイク特約は2種類選択ができるようになっています。

ファミリーバイク特約には2種類ある。

ファミリーバイク特約は様々な保険会社で取り扱っていますが、ほとんどの保険会社で2種類のタイプが存在します。

ファミリーバイク(人身傷害型)特約

原付バイクを運転していて事故にあった場合に、契約のお車と全く同じく、対人賠償保険や対物賠償保険、人身傷害保険の保険金をお支払いします。

ファミリーバイク(自損・無保険車傷害型)特約

原付バイクを運転していて事故にあった場合に、対人賠償保険や対物賠償保険の保険金ならびにこの特約で定める自損傷害保険金および無保険車傷害保険金をお支払いします。

表にするとこうなります。

適用される補償→
特約名↓
相手への賠償 自分の怪我の補償
怪我の賠償 物への賠償 自損事故 無保険車との事故 相手に過失がある事故など
ファミリー特約
(人身傷害タイプ)
対人賠償保険の保険金 対物賠償保険の保険金
(人身傷害保険の保険金)
ファミリー特約
(自損・無保険車傷害タイプ)
(この特約で定める自損傷害保険金)
(この特約で定める無保険車傷害保険金)
×

つまり、補償の面でいけば「人身傷害タイプ>>自損・無保険車傷害タイプ」という構造になっています。

ファミリーバイク特約でどれぐらい高くなるのか。

では、実際にこの特約を付帯すると、どれぐらい保険料が高くなるのでしょうか。

ちなみに、ケースモデルは僕で40歳の男性、15等級で車は18年式のアルファードに乗っています。

僕はなるべく保険料を抑えたいという理由と、人身傷害保険まで付帯させる必要はないだろうという理由から、「自損・無保険車傷害タイプ」で見積もりをとってもらったところ、プラス10,050円だけで済みました。

もちろん1ヶ月ではなく、1年間です。

1ヶ月にすると、たったの840円で任意保険に加入することができます。

ファミリーバイク特約の追加料金は、自分の等級や年齢などで保険料が変わります。
また、保険契約の期間中に追加付帯させることが多いので、残りの月数によって保険料が変動します。

また、補償がより充実している、人身傷害タイプをつけたとしてもプラス1万3,000円程度で付帯できるみたいですね。

妻もバイク乗りなら保険の重複に注意しよう!

画像:BESS

ちなみに中には、奥さんも乗られる場合がありますよね。

僕の場合もまさにそうで、夫婦でバイクに乗っています。

でもこちらも考え方は一緒で、ファミリーバイク特約は家族限定もカバーすることができます。

たとえば、もしあなたの自動車保険の中に家族限定で妻の運転も補償される場合、ファミリーバイク特約もまったく同じように奥さんの事故も補償されます。

ですから、車の保険と連動していると考えてもらっても構いません。

夫(普通車)→自動車保険(家族限定あり)+ファミリーバイク特約
妻(軽自動車)→自動車保険(家族限定あり)+ファミリー特約

この部分を間違えて、保険の重複しちゃっているユーザーが多いので、損をしないよう気をつけましょう。

画像:おとなの自動車保険

 

自賠責保険も夫婦で1契約、任意保険もファミリーバイク特約があれば夫婦1契約でカバーが可能。

これだけで、安心してバイクを乗って公道走ることができるようになります。

まとめ

モンキーのような原付バイクに乗る大きなメリットとして、税金や保険料が自動二輪バイクよりも圧倒的に安くなることが挙げられます。

その中でも特に、車の保険に加入していればファミリーバイク特約は絶対につけた方がいいでしょう。

ただし、自動車保険に加入していなければファミリーバイク特約は付帯できず、別に任意保険に加入する必要があります

何度も言いますが、自賠責保険だけでは補償面で物足りなさが否めません。

そこでもし、保険の中身や保険料が大きな負担に感じているなら、保険料を抑えることを考えましょう。

大手保険会社主要の8社で比較できるバイク保険一括見積もりを利用して、保険料の違いや補償の内容などを比較してみるいいかもしれません。

僕が加入している三井住友海上や損保ジャパンなど大手保険会社はもちろん、チューリッヒやアクサダイレクトなど通販型タイプの保険会社と幅広く比較できるので、ひとつひとつ保険の内容を見るなんかよりも圧倒的な時間短縮にも繋がります。

もしも事故を起こして、保険が使えない事態になってしまえば、一生を棒に振る可能性だってあるんですから。

►►バイク保険一括見積もりを使ってみる。