バイクグッズのレビュー

モンキー125に原付バイク用『ナンバーフレーム』を取り付けた!

モンキー125が納車されましたが、「走るだけではなく少しずつカスタムもしていきたい!」

カスタムというと、マフラーやハンドル、シートなどを想像する方がほとんどだと思いますが、決してそれだけではありません。

バイクには様々なアフターパーツがあり、それがバイクライフを楽しむもうひとつの醍醐味でもあります。

そこで今回手を加えたのは、ナンバープレート。

安い投資金額で格好良さが増す、結果的に購入して大満足のDAYTONA(デイトナ)ナンバープレートホルダーを紹介します。

DAYTONA(デイトナ)ナンバープレートホルダーレビュー

今回購入したのは、ナンバープレートをドレスアップのするためのナンバーフレーム。

金額は送料を含めるとなんと1,060円!めっちゃ安っす(・A・)

まあぶっちゃけ、モンキーを一括で購入して金欠な状態の僕には助かる価格設定ですヾ(・∀・)ノ

購入先は、最強通販サイトであるAmazonさんで、頼んだら2日後には到着していました。

created by Rinker
デイトナ(Daytona)
¥1,060
(2019/05/23 05:52:38時点 Amazon調べ-詳細)

Amazonのサイトから引用すると、

・振動によるナンバープレートのひび割れ・破損や、汚れから保護するアルミ製のナンバーフレーム。
・アルマイト加工を施し、リアビューのワンポイントアクセントになる。

とのこと。

ちなみに、125CCモンキーの場合には『Mサイズの山型タイプ』を使用。

カラーリングも、レッドの他にシルバー、ブラック、ブルー、パープルなど非常にバリエーション豊かで、タンクのカラーリングに合わせることが可能になっています。

画像:DAYTONA

「デイトナ」ナンバーフレームを開封してみた。

モンキーのベースカラーはレッドなので、ナンバーフレームも同色にしました。

まあ、完全に同色ではありませんが、ボディに一番近かったのがこの色かなと。

 

ただ、原付のピンクナンバーにもマッチングしているので、意外と相性はバッチリ。

ナンバーフレームを取り付けた率直な感想

ナンバーフレームの装着は簡単。 ナンバープレートをフレームの間に挟んで、付属のボルトとナットを使って締め付けるだけ。

なんか、ナンバープレートをつけたら、グッと引き締まった感じになりましたねー。

高品質だと思います。

取り付けの際、ナンバーとフレームの間のビビりを防止するためにスポンジのようなものも入っていますが、気になる方はプレートとフレームの間に挟めて使うか、もし一生取り外す予定がないなら、思い切って両面テープでガッチリと止めてしまってもいいでしょう。

その他、オシャレなナンバーボルトもグット!

六角形状になっているので、見た目以上に、盗難防止にも一役買います。

1,000円程度の投資で、見た目のドレスアップ効果にもなる。

このナンバーフレーム、費用対効果が高いすっごくおすすめの一品ですヾ(・∀・)ノ

created by Rinker
デイトナ(Daytona)
¥1,060
(2019/05/23 05:52:38時点 Amazon調べ-詳細)